前へ
次へ

国際化時代のインターナショナルスクール

芸能人が子供をインターナショナルスクールに入れるというニュースがしばしば報道されています。
日本の学校とは全くカリキュラムが異なりますが、世界で通用する人材を育てるためには、一つの選択肢として考えられるようになりました。
それというのも、インターナショナルスクールでは集団よりも自主性を重んじる教育に力を入れているため、世界で活躍するには不可欠な教育方針であると考えられています。
実際、インターナショナルスクールを出た子どもたちの目の先にあるものは、海外の大学への進学です。
海外への大学への進学を見据えた教育を受けているため、外国の大学へ言っても戸惑うことがなく付いていくことができるというのです。
このように、インターナショナルスクールは、富裕層を中心に進学先として注目を集めています。
日本式の教育では、自分自身を伸ばしていくことができない、そのような考えのもとに海外へと活路を見出す上で重要な選択肢になります。

Page Top