前へ
次へ

日本人向けのインターナショナルスクールとは

インターナショナルスクールを選ぶ際のポイントは、日本人生徒があまり多くないところを選ぶことです。
しかしそれには例外もあり、日本人向けに設立されたインターナショナルスクールもあります。
そのスクールは、バイリンガル児童を育てることを目的としており、日本の学習指導要領をベースに独自のカリキュラムで子ども達を指導しています。
日本の小学校と同じような教育を受けることが可能な上に英語力も身につけることができるので、評判も上々です。
また文科省から認可も受けているので、このスクールに通えば義務教育を受けたことになります。
一般的なインターナショナルスクールでは高校部まで通っても義務教育を受けたことにならないので、大学受験資格を得られることはできませんが、日本人向けのスクールであれば大学受験資格を得られることができるので、高校部を卒業した後に日本の大学に進学することもできます。
子どもの将来にさまざまな選択枠を持たせたいのであればおすすめです。

Page Top