前へ
次へ

インターナショナルスクールの進学ルートとは

日本国籍の子どもをインターナショナルスクールに通わせたいと考えているなら、英語保育園であるプリスクールに通わせるのが有効です。
なぜプリスクールに通うのが有効なのかというと、プリスクールは特定のインターナショナルスクールにコネを持っている場合があるからです。
そのコネを利用してプリスクールが推薦状や内申書を書いてくれることによって、インターナショナルスクールに合格しやすくなります。
したがって日本国籍を持つ子どもの一般的なインターナショナルスクールへの進学ルートは、0~3歳でプリスクールに入園し、4~5歳で幼稚部を受験し入園します。
そしてそのまま商学部へ入学するというルートが一般的です。
スクールの選び方のポイントは、教育方針が自分の子どもに合うかどうかしっかりと見極めることがポイントになります。
日本の学校に通う場合でも同様ですが、説明会や学校見学などに参加してどのような教育方針なのか確認するようにしましょう。

Page Top